自転車のブランドはどんなのがあるの?

スポーツ系自転車をリリースしている自転車ブランドは世界各地にあります。開発コンセプト、デザインは地域によって特徴つけられています。アジア、アメリカ、ヨーロッパに文化の違いがあるように、自転車にもそれぞれの地域に根付いた特徴が備わっています。

特に、イタリアでは自転車ロードレースは国民的なスポーツであり、自国で数多くのロードレースが開催されているため、レースで使えるスポーティなモデルが数多くラインナップされています。アメリカのブランドは、マウンテンバイクに特化しているブランドも多い。ラインナップを誇るビッグブランドが多いのも特徴。アジアでは、台湾ブランドが強く「世界の自転車工場」とも言われていて、OEM生産で培った高品質でハイコストパフォーマンスな製品を作る傾向にあります。お国柄というのは、国で行われる行事や、国の地形に寄るところが多いので、国の特徴で自転車ブランドを見ると面白い。車のメーカーが自転車を製造している場合もあるので、好きな車メーカーの自転車を持つのもよいだろう。フランスだと、プジョーなどが自転車のラインナップを揃えている。

日本では、アラヤやアンカーが有名かもしれない。アンカーはブリジストンサイクルが手掛ける上質なレーシンブブランドで、科学的な解析やレースシーンからのフィードバックを重要視しています。ハイクラスモデルではカラーなど細かいオーダーが可能だったりと選ぶ楽しさも。値段は高くなるが、街乗り用のスポーツシリーズなど、日本の通勤に合わせた自転車作りもしている。

ブランド自転車は、高いイメージがあるかもしれないが、メンテナンスや試乗など、長く乗ることをトータルで考えると、安いものだと考えても構わない。お気に入りのブランドを見つけて、そこで購入するのも楽しみだ。ブランド設立の歴史などを調べても、そのブランドの自転車の特色がわかってくる。