スポーツ系自転車で、かっこかわいい服装してみませんか?

スポーツ系自転車に乗る時の服装は、普段着でも、もちろん構わない。だが、スピードがママチャリなどのシティサイクルに比べて出やすいので、汗もかき易い。季節にあった服装にしないと、夏は熱中症になりやすく、冬は風邪をひきやすくなる。せっかくなので、ウエアにこだわるのも自転車の楽しみ方といえる。

ウエアは、サイクリングスーツを購入するのが一番良いかもしれないが、体型のラインがぴっちり出やすく、女性だとレーサーパンツは下着をつけずに履くものなので、上からストレッチスカートを履く。ちなみに、レーサーパンツの下に下着を履かないのは男性も共通していることで、下着を履くと、逆に擦れたりしてしまい、乗り心地が悪くなるからだ。

夏は、冷感タオルなどを首に巻き、紫外線よけのサングラスやアイウエアで、目を保護する。汗を大量にかくので、速乾性と通気性が高いドライシャツが最適であり、腕の日焼け除けにアームカバーをつけるとよい。涼しくなったときや小雨が降った時のことを考えて、ウインドブレーカーを常備していると、安心である。ズボンは、7分丈の伸縮性がある素材の物にしよう。もしも、足首までの長さがあるズボンを履く場合は、裾クリップを忘れずに。

冬の服装は、夏の反対をすればいい、と考えてもよいが、自転車を漕ぐと自然と熱くなるので、厚着しすぎに注意しよう。防寒グローブを忘れずに、手を寒さからも守ろう。冬と夏に共通して装備したいのは、ヘルメット、アイウエア、手袋は自転車購入時に一緒に購入してしまおう。手袋は、冬は防寒用で、夏は指ぬきグローブをすることで、体温調節をしよう。

サイクル用のものでなくても、アウトドア用品やウィンタースポーツで代用できるものがあれば、組合せを考えると楽しい。あるものに買い足す感じにすれば、服装にあまりお金がかかることなく、装備にお金をかけることができる。また、リュックなど荷物を積めるカバンなども新調してもよい。安価で機能的なものがたくさん出ているので、選ぶのも楽しみである。

自転車に乗る時は、普段着でも構わないが、身を守るためにも、ウエアにはある程度、こだわったり、購入して楽しんでもよい。