自転車のルールってどんなのがあるの?

自転車は、車と同じ扱いになります。近年、自転車に乗る人が増え、スポーツ系自転車に乗る人も増えたので、交通ルールの取り締まりも厳しくなっています。スポーツ系の自転車で、ブレーキがあらかじめついていないタイプのものもあります。レース用に作られている自転車なのですが、こういうタイプの自転車には必ずブレーキをつけましょう。自分の命を落とすだけでなく、他の人の命も危険にさらしています。自転車といえど、車並みのスピードが出ることを忘れずに。

自転車には『自転車安全利用5則』というこれだけは守りたいという最低限のルールが定められています。まず、①自転車は軽車両になりますので、原付に近い乗り物になります。車道が原則になり、歩道は例外です。②車道は、左側を通行します。車やバイクと正面衝突したら危険なので、車道は左側を通ります。③歩道は歩行者優先で車道よりを徐行します。原則、車道を走るものですが、歩道を通らなくてはいけないときのルールになります。また、自転車を降りれば、歩行者と同じ扱いになります。

④安全ルールを守る。これは、少し細かい話になりますが、夜間はライトを点灯する、飲酒運転の禁止、二人乗り、並進の禁止、交差点での信号尊守と一時停止、安全確認になります。軽車両である、と認識すれば、車やバイクの免許を持っている大人であれば、わかることですね。歩行者よりもスピードが出る乗り物なので、そこを自覚するのが大切です。

⑤こどもはヘルメットを着用する。ヘルメットも、額が出ないもので、着用者の頭のサイズに合ったものを使うべきです。最近では、可愛い柄やかっこいい柄などのものが安価で手に入るので、本人が気に入ったものを選びやすくなっています。

ブレーキをつけることは、もちろんですが、日本の道路交通法で決まっているように自転車には、反射板とライトとベルをつけるのは義務化されています。この3つがないと、走れないとされています。これらの装備は、スポーツ系自転車を購入した時についてない場合があるので、自分で購入することを忘れずに。ルールを守って、安全走行をして自転車を楽しみましょう。